待望のiPhone13が発表!その全貌を解説!

 

9月15日深夜2時にAppleから新商品の発表がされました!
Appleユーザーが待ち望んだ最新のiPhoneの呼称は【iPhone13】

今回はiPhone以外の商品も発表されたので、iPhoneと新型iPadminiのモデルの解説も交えて
書いていきたいと思います。

 

 

今回のiPhoneも4モデルでの展開

今回の最新iPhoneは全部で4モデルの展開となります。
呼称名は以下の通りです。

 

・iPhone13
・iPhone13mini
・iPhone13Pro
・iPhone13ProMax

上記の4モデルでの展開となりました。

 

 

 

iPhone13の特徴は?

正直、iPhone13モデルと前モデルiPhone12との違いは見た目では殆ど同じ
これと言った特徴はありません!

 

結論から言うと、iPhone12のマイナーチェンジと考えています。

唯一違いがあるとすれば、iPhone13とiPhone13miniではカメラの位置が斜めにデザイン変更されているという事です。
ですが、カメラ性能に対して大きな性能差は実際ありません。

 

 

 

iPhone13Pro/ProMaxの特徴は?

iPhone13Proと13ProMaxに関しても見た目のデザインは殆ど変わりません。

唯一変わった部分としては、【カメラ性能の向上】【リフレッシュレート120Hzに対応】している点です。

まずカメラ性能に関しては、前モデルのiPhone12Proに比べると、望遠・広角・超広角の性能が上がっています。

 

《カメラ性能の主な向上ポイント》

・光学ズームが2倍から3倍

・広角レンズはF値1.6からF値1.5に変更し絞り値を小さくし、超広角もF値2.4からF値1.8に絞りて、
より正確に対象物を綺麗に撮影できるようになっています。
望遠レンズはF値2.0からFt値2.8まで広げて、望遠で撮影しても周りの景色がボケずらくなっています。

・ズームも最大15倍まで延長、動画撮影では最大9倍

・光学手振れ補正補正に13Pro/ProMaxの両機種に搭載

と言った内容です。

カメラの性能に関しては底上げされています。

 

又、リフレッシュレート120Hzにも対応出来る様になったのも大きなポイントです。

リフレッシュレートのHzが大きくなると、端末を操作する時に、画面を操作時もっと滑らかな動きが出来る
様になるので、より快適に操作可能です。
昨今120Hzに対応出来るスマホが主流になっているので、Appleも後追いで対応出来るようになりました。

ですが、リフレッシュレート120Hzはバッテリーを余計に消費してしまう欠点がありますので、
120Hzから通常の60Hzに変更出来る仕様なのかどうかも気になります。

 

 

 

iPhone13は今までのiPhoneよりも重い!

iPhone12の場合、162gに対して、iPhone13は172gとなっており、10g重くなっています。
パッと見で10g程度なら殆ど変わらない?と思いますが、実際手に取ってみると、その重さは顕著に出ます。

 

スマホで10g重くなると、体感でも重くなった?と分かる程です。

 

又、13Pro/13ProMaxの両機種とも重さがiPhone12Pro/12ProMaxに比べると、16g重く、総重量は200g以上あります!
これは実機を持った感覚だと、かなり重くなったと感じるはずです。

 

例えば、著者が現在使っているスマホはGalaxynote20 ultra 5G と比較すると、
重さが208gなので、それと同じかそれ以上に重いというのは、些かどうなのかと・・・

端末の大きさはGalaxynote20の方が6.9inchで大きいので思いのは分かりますが、
それよりも小さいiPhone13Proと同じ、13ProMaxはそれ以上に重いとなると、
片手で使うにはストレスを感じるユーザーも少なくないと思います。

慣れたら気にしないかもしれませんが。

 

 

 

 

iPhone13シリーズの気になる価格は??

今回iPhone13に関しては、過去ラインナップされていた64GBモデルは廃止されました。

よって、Lowモデルでは128GB~のラインナップとなっています。
さらに、Apple初の1TBのストレージ容量を有したiPhoneも発売となります。

以下iPhone13の価格帯を並べてみました。

  • iPhone 13
    128GB……9万8800円(税込)
    256GB……11万800円(税込)
    512GB……13万4800円(税込)

 

  • iPhone 13 mini
    128GB……8万6800円(税込)
    256GB……9万8800円(税込)
    512GB……12万2800円(税込)

 

  • iPhone 13 Pro
    128GB……12万2800円(税込)
    256GB……13万4800円(税込)
    512GB……15万8800円(税込)
    1TB……18万2800円(税込)

 

  • iPhone 13 Pro Max
    128GB……13万4800円(税込)
    256GB……14万6800円(税込)
    512GB……17万800円(税込)
    1TB……19万4800円(税込)

全体的に128GB~のモデルでの発売になるので、全体的に値上がりです。
iPhone13と13miniの128GBモデルに関しては多少値段が上がっています。

それ以外は全モデルよりも1万以上値上がりとなっています。
これはAppleでの購入価格になるので、実際携帯キャリアで購入する場合はこれよりも
値段が変動しますので、要注意ですね。

 

《ちょっと気にあるポイント》

1TBのiPhoneに関してですが、需要があるのかどうかはさて置き、容量を一切気にせず使い込みたいユーザーにとっては
素敵なスマホです。

しかしながら、価格が20万弱するので、ここまでの金額を出さなくてもハイエンドのスマホを選んでもいいのではないかとも思います。
特に容量を気にしないという部分では、Androidスマホの方が1TBまでメモリーカードが対応していますし、値段も20万弱するスマホは
ほぼ皆無です。

ですが、一番に気にするのは、1TB近くデータ量を保存した場合に起こる不具合です。
昨今、ストレージ容量を使い過ぎてメモリー領域が壊れてしまう事象が多々起こっています。

元々iPhoneの特徴の一つとして、大容量のデータの最適化には過度の負担が掛かるので、1TBまで使わなくても
500GB以上のデータ量を保存した場合にも何か予期せぬ不具合が起こらないか不安ですね。

 

 

 

 

カラーリングは新色が追加

iPhone13/13miniでは、新たに【スターライト】【ピンク】の2色が追加されました。

 

 

iPhone13Pro/13ProMaxでは、新たに【シエラルブルー】が追加になりました。

どちらもカラーバリエーション的にはお洒落な色使いとなっているので、若年層のユーザーにはウケが良さそうです。

 

 

 

バッテリーの稼働時間は?

iPhone13シリーズでは、前モデルのiPhone12シリーズよりもバッテリーの稼働時間が最大で8時間伸びています。

 

iPhone13
・・・・ビデオ再生で最大19時間(iPhone12よりも2時間延長)

iPhone13mini
・・・ビデオ再生で最大17時間(iPhone12miniよりも2時間延長)

iPhone13Pro
・・・ビデオ再生で最大22時間(iPhone12Proよりも5時間延長)

iPhone13ProMax
・・・ビデオ再生で最大28時間(iPhone12ProMaxよりも8時間延長)

 

バッテリーの稼働時間がiPhone12は短かったのですが、今回に関しては、多少改善がみられています。
特にiPhone13ProMaxの伸びは飛躍的に良くなっているので、バッテリーの稼働時間を気にするのであれば
iPhone13ProMaxを購入した方が無難と言えるでしょう。

 

 

 

iPadmini6はかなり魅力的

iPhone13の発表がメインではありますが、著者が一番いいなと思ったのが【iPadmini6】です。
今回新たにモデルチェンジしたiPadminiの最新モデルも発表されました。

 

大きく変わったのは、なんといっても「全画面仕様」にデザイン変更されている事です。
miniの大きさで、あの全画面は全く持ってユーザーにとって理想の形と言えるでしょう。

何で今までこれを作らなかったのか?と疑問に思うくらい、今回のiPadminiは素晴らしいです。

 

《 主な特徴 》

・充電コネクターがUSB-Ctype

・電源ボタンに指紋認証を搭載

・内臓ステレオスピーカー

・miniの大きさはそのままに画面は8.3inchで全画面にデザイン変更

・Applepencil2も対応

・CPUはA15Bionicを搭載し、処理速度は格段に向上

 

特徴はざっとこんな感じでしょう。

今までiPadPro11inchシリーズにのみUSB-Ctypeが搭載されていましたが、今回はminiシリーズでも採用されました。
更に、指紋センサーを電源ボタンにも搭載する事で、顔認証ではなく指紋でもセキュリティーをそのまま採用。
大きさもminiの手軽に持ち運べる大きさを維持したまま、全画面で大画面化に成功。

これにより、理想のiPadとなりました。
Appleの新商品の中でも一番購買意欲が湧いた機種ではないでしょうか?

 

 

 

気になる価格帯とカラーバリエーション

Wi-Fiモデル
・64GB:59800円税込
・256GB:77800円税込

cellularモデル
・64GB:77800円税込
・256GB:95800円税込

価格帯は思いのほか安い印象でした。
この価格ならユーザーにとっては購入しやすいリーズナブルな金額設定です。

私なら、iPhoneよりもiPadをこちらに買い替える方を優先します。

カラーバリエーションは、【ブラック】【スターライト】【ピンク】【パープル】の4色展開です。

 

 

その他iPad9やApplewatchの発表も

以上の目玉商品の解説をしましたが、その他にもiPad9やApplewatchの新型モデルも発表になりました。

iPad9は今までの無印のシリーズと同様、見た目は殆ど同じでホームボタンが付いているタイプのiPadです。

iPad9の価格帯は以下の通りです。

Wi-Fiモデル
64GB:税込39,800円
256GB :税込57,800円

cellularモデル
64GB:税込56,800円
256GB :税込74,800円

価格自体は非常に安い設定となっているので、コスパに優れているiPadと言えます。
スぺックをそこまで欲していないユーザーであれば、このモデルで十分でしょう。

 

 

Applewatch7も発表されデザインも変更となり、よりユーザーが使いやすい仕様になっています。
主な特徴は以下の通りです。

 

・画面表示領域が20%大きくなり、従来よりも大画面化

・急速充電に対応し、従来よりも33%充電時間を短縮

・カラーバリエーションは5色展開【レッド・スターライト・グリーン・ブルー・ミッドナイト】

・ケースは【ステンレス】【アルミニウム】【チタニウム】の3つから選択可能

・価格は32780円税込~

となっています。

こちらもデザイン変更されている事もあり、Applewatchユーザーに注目されています。

 

 

 

最後に

如何でしたでしょうか?

以上が今回Appleで発表された新商品になります。

購入したい機種はありましたか?
著者はiPadmini6が非常に購入意欲をそそられました。

そして今回のiPhone13の総評していうと、、、

 

魅力的だが、無理に買い替える必要は無いです。

 

iPhoneXやiPhoneXsを使用されている方は買い替えても損はないかと思います。
しかし、これは欲しい!という様な目新しさがないので、微妙です。

iPhone12ではリコールも出たばかりなので、初期ロッドの不具合も気になる所。
購入する場合は慎重に見定めた方が良いかと思います。

どの機種も、発売は9月下旬以降になるので、買い替える方は要チェックですね!

 

今回のブログはここまで!
又の更新をご期待ください!